C’est beau la vie.  Life is Beautiful.  人生は美しい。

富士山をめぐるひとり旅2021②~念願の三島スカイウォーク~

スポンサーリンク

念願の三島スカイウォークへ

御殿場の時之栖をチェックアウトして、無料シャトルバスに乗り、三島駅に向かいます。
2日目の目的地は三島スカイウォーク!
2019年春に箱根に行った際に、三島から箱根へのバスで通りがかって、いつか行ってみたい場所だったのですよね。

関連記事

5月11日~5月13日の2泊3日で、箱根に行って来ました。 今回の一番の目的は、九頭竜神社月次祭(つきなみさい)。 毎月13日に行われ、ご利益を求めて全国から何百人・何千人もの人が訪れ、陸路での行き方がほぼ無いため、船で芦ノ湖を渡って行く[…]

その前に初めて知ったのは、某タウン誌の旅行特集の下記記事だったのですが、これを見る限りは富士山は見えていないけれど、はたして見えるのか・・・

時之栖からのシャトルバスは三島駅北口に到着しますが、三島スカイウォークへのバスは南口からの出発です。
1日目の記事にも書きましたが、三島駅は北口と南口の連絡通路がないため、改札内を通る以外の方法だと、迂回路で徒歩10分以上かかります。
この時は、予定より遅く三島駅に到着し、1時間に1本ほどしか出ていない三島スカイウォークに行くための元箱根行き東海バスに乗るにはかなり急ぐ必要があったため、改札内への入場料を払って北口から南口へ渡ったのでした。

そのお蔭でほんの少し時間に余裕ができたので、無事、バスに乗る前に東海バスの窓口で「みしまるきっぷ」(1000円)を購入できたのでした。


みしまるきっぷはフリー切符で一定区間乗り放題になるのですが、この日も移動時間が長くなるため、三島スカイウォークへの往復しか乗車予定はありませんでした。それでも「みしまるきっぷ」の方がお得になります。
小銭がない場合、下車する際にバス内の両替機でお金を崩して・・・ということが必要で、後ろに並ぶ人を見て焦るという精神的プレッシャーもありますが、「みしまるきっぷ」なら運転手さんに見せるだけで良いので、下りるバス停近くになってソワソワ・・・ということも無くなります。

miina
ちなみに、後から「みしまるきっぷ」のスマホ乗車券版を見つけました!→★
今回のように乗り換え時間に余裕がないときに便利かも。

箱根へ行ったときと同様に、三島駅南口の5番バス乗り場から元箱根港行きのバスに乗りました。30分弱で三島スカイウォークに到着します。

おおーっ、ちゃんと富士山が見えます。

吊り橋を渡り始めます。

この日は風が無かったから良いですが、風が吹いているとなかなか怖いという声もわかりました。ちょっと揺れます。
私は、iPhoneを落とさないか、ドキドキしました。
歩くところはアミアミで下が透けて見えるような形なので、その隙間からも落ちそうですし、両脇にはもっと大きな隙間があります。
思わず画像を撮らずにはいられない景色ですが、今手を滑らせたら、下の谷底にiPhoneが真っ逆さまで二度と戻ってこないよな、まだ購入して2年くらいだから買い直しは痛いな・・・とか考えると、手に汗握るという感じで、余計手を滑らせて落としそうで、不要な時はバッグの中に入れてファスナーしっかり締めてました💦 最初は何も考えず、手に持ったまま歩きながらパシャパシャ撮っていたのですが。
絶対誰か落としていそうと、ググったのですが、ネットでは三島スカイウォークでスマホ落としてしまった人の情報は見当たりませんでした。
とりあえず、次回来るなら、スマホにストラップ付けて首からつるせるようにしようと思いました。

吊り橋を渡り終わると、

こちら側にもカフェやアスレチックなどいくつか施設がありました。

吊り橋に並行して、ジップラインもやっていました。

下の画像の中央から少し左寄りあたりの、オレンジ色の服やピンク色のヘルメットをつけた2人の人がジップライン挑戦中ですが、なかなか怖そうです・・・

 

数日前に入場者500万人を達成したようでした ↓

天気が良く、富士山が見れるときに、念願の三島スカイウォークに行けて良かったです。

清水港でランチ

三島スカイウォークからまたバスで三島駅に戻り、18きっぷを使って名古屋方面に戻ります。

途中、清水駅で下車して、市場でランチしていくことにしました。
清水駅の改札出ると、まだここでも富士山が見ることができます。

清水駅から徒歩5分ほど、駅からつながった陸橋をつたって、川岸の市に行くことができます。
何回か来たことあるのですが、一般の人も買い物できる魚市場や新鮮な魚介類が食べれる飲食店が多数入っています。

ととすけ」というお店に入りました。

日替わり刺身定食(1500円)+ビールを注文。
名物の「ととすけ揚げ」が付いています。

ととすけ揚げはマグロのカマを揚げて甘辛い秘伝のタレを絡めた料理なのですが、外はパリパリ、中はフワフワですごく美味しかった! これを2~3個注文してビール飲みたい感じ。
画像奥にあるビニール手袋を使って骨の上に付いているお肉をはがします。確かに箸ではうまく取れなさそうですが、手袋をつけて手で直接だと思ったより上手に取ることができました。

お刺身も新鮮で美味しかった~
これ全部で1500円って、すごくお得に感じました。
以前清水港でランチしたときは特に眺望のないお店だったのですが、こちらは店内からも海と富士山が見えて眺望も良かったですし。

静岡駅構内で手っ取り早く済まそうかとも思ったけど、ランチを清水港にして大正解!と自分で自分をほめました。

清水駅からはまた各駅停車でゆるゆると。浜松駅で下車して、夕食用にお気に入りの知久屋の浜松餃子を購入。

この旅の際に初めて知久屋の浜松餃子を知った訳ですが

関連記事

静岡電車旅の2日目。 焼津グランドホテルを10時頃チェックアウトし、浜松へ向かいます。 この日も青春18きっぷを使用したJR鈍行の旅。 焼津駅から浜松駅までは、JR在来線で約1時間。 浜松駅に到着したのが11時半頃だったため、すぐ[…]

ぼんやりとまた浜松に行ったら買いたいなと思ってはいましたが、当時、「絶対また買いたい」と強い気持ちだったのは忘れてました。

時間や行き方などの旅程だけではなく、情緒面でもブログに記録に残すことは役立つんだな〜と分かりました。

家に帰ってから、知久屋の浜松餃子を焼いて食べて、当時「絶対また買いたい!」と思ったことに自分で自分に納得したのでした。優しいキャベツの甘みとシャキシャキ感、安心安全な材料、女性は絶対好みな感じでオススメです。

スポンサーリンク