C’est beau la vie.  Life is Beautiful.  人生は美しい。

紅葉真っ盛り京都旅②~嵯峨野トロッコ列車と千光寺~

11/25(金)~11/26(土)と1泊2日で紅葉シーズンの京都旅へ。
訪れた紅葉スポットは下記の通りです。今回の記事は2日目についてになります、

◆1日目
詩仙堂
圓光寺
東寺(紅葉ライトアップ)

◆2日目
嵯峨野トロッコ列車
大悲閣 千光寺

スポンサーリンク

嵯峨野トロッコ列車

今回の旅で、一番真っ先に行きたい所・やりたい事として思いついたのが、嵯峨野トロッコ列車。
一度乗車したことはあるのですが、20年以上前。
1人で乗るのはハードル高そうですが、2日目は神戸在住のYYちゃんが合流予定だったため、20年以上ぶりに乗ってみることにしました。

チケットはJR西日本の予約サイト「e5489」から予約することができます。
紅葉シーズンということもあり、予想以上の争奪戦でした。
1か月前の10時から予約受け付け開始で、10時前にスマホを持ってスタンバイして、なんとかトロッコ亀岡→トロッコ嵯峨野(11:30→11:56)までのリッチ号を確保。
続いて、トロッコ嵯峨→トロッコ亀岡も取ろうと思ったら、既に15時台まで予約で満席。
往復で予約取るのは難しいだろうと予測して、最初からトロッコ亀岡→トロッコ嵯峨を第一希望にしていて良かった。
トロッコ嵯峨→トロッコ亀岡の方が人気があるようです。

そのため、まずはJR嵯峨野線の馬堀駅でYYちゃんと待ち合わせ。
馬堀駅からトロッコ亀岡までは徒歩10分ほどです。

トロッコ亀岡駅のホームより。

乗車するトロッコが到着です。

予約していたリッチ号に乗り込みます。

リッチ号は、各列車に1両だけあり、窓がないつくりになっています。

予約サイトでは席が指定できず、自動で割り振られるのですが、嵐山行きで進行方向右側の座席だったのですが、こちらはちょっと外れみたいです💦
なぜなら、保津川を右手側にのぞめるのは中間を過ぎた後半の少しだからです。
左手側のお客さん越しに景色を眺めていることが多いです。
右手側の景色はというと・・・

すぐ山肌。

でも、このお客さん越しの景気も、トロッコ列車の風情が感じられて良かったですよ。

 

サイドチェンジして、保津川が右手側へ。

保津川下りの舟が何艘も運行中です。お互い手を振りあいます。
嵐山からトロッコに乗り、保津川下りで嵐山に戻るという観光コースもありますが、保津川下りの所要時間2時間ということで、寒い中ずっとその時間中川の上というのは厳しすぎる・・・と思って、今回は見送りました。

嵐山に近づいてくると、星のや京都が見えます。素敵。

最後は住宅街を通って、トロッコ嵯峨駅に到着です。

久々のトロッコ列車、アトラクション感があって楽しいし、トロッコ列車からしか見れない紅葉の景色が見られて良かったです。

大悲閣 千光寺

到着した嵐山はもう、人、人、人…

12時というお昼時でどこの飲食店も大行列で、とても「食べログ高評価のお店で・・・」とかこだわっていられないので、できるだけ待ち時間の少なそうなお店で、サクっとにしんそば&天丼ランチを。それでも30分近く並んで待ちましたが。

ランチの後は、千光寺 大悲閣へ。
嵐山の山の上にある紅葉の穴場的スポットということで行ってみました。

ボートのたくさん浮かぶ桂川に沿って上流方面へ歩きます。

振り返ると、ボートの数ちょっと多すぎやしませんか。

奥に行けば行くほど、人の気配は少なくなっていきます。

賑やかなボート乗り場の辺りから10分ほど歩くと、千光寺へと登る階段が見えてきました。

階段を登りきると千光寺の敷地内へ。
こちらの鐘は参拝者は自由につくことができます。

そして、絶景の望める客殿へ。

紅葉の嵐山を一望できます。

ここまで頑張って登ってきて良かった!と思う事間違いなしの景色です。
紅葉シーズンの雑踏と喧騒の渡月橋周辺には無い、静かで落ち着いた嵐山を感じることができました。

「和・にち」で和食ディナー

この日の夕食は、京都駅から徒歩5分ほどの「和・にち」でいディスカバー。

美容院で読んだディスカバージャパンの京都特集で紹介されていて、気になって予約しました。

コースが3000円(税抜き)からというのも予約の決め手。

突き出し

おつくり

天ぷら

鴨ロースのサラダ

お寿司

その他、画像はありませんが、酢の物でもずく酢もありました。
お酒はビールと、日本酒も追加。

飲食店限定の月桂冠ということです。

お手頃価格で、お腹一杯、美味しい和食とお酒を楽しめて満足でした。
ディスカバージャパンでの紹介者の作家の方のコメントに「京都駅周辺では本格和食をつまみに楽しめる貴重なお店」とありましたが、確かに、京都駅周辺は観光客向けの飲食店がひしめいているイメージですが、地元の方も手軽に本格和食を楽しみたいときに利用できそうな感じです。
今回、新大阪から新幹線で名古屋に帰る都合で、20時には京都を出発したかったため、京都駅から徒歩5分というのはとても便利でした。

ランチも本格和食がリーズナブルに提供されるようですので、京都駅に到着してまずランチを・・・という時にも良さそうです。

スポンサーリンク